人気ブログランキング |
ブログトップ

RIKACHAN HOUSE FAMILY ~ THE RIKA'S GOLDEN CLUB

butcherkun.exblog.jp

ブリーダーの皆様!  詐欺にご注意ください!

Facebookでお知らせが廻っていますが・・・・Facebookをされてないブリーダーさんもいらっしゃるようですので、こちらにもシェアさせて頂きます。

愛媛県のピレニーズのブリーダーさんが、被害状況を公表してくださっています。

以下・・・Facebookの投稿


詐欺にご注意

ブリーダーの皆様にお知らせします。

実はお恥ずかしい話ですが、2月14日の夜8時頃、詐欺にあってしまいました。

あまりにも鮮やかなその手口におそらくプロの仕業だろうと言うことでこれから同じ思いをする方もいるのでは、、、とおもい、あえておしらせすることにしました。

手口は銀行がしまっている時間帯に子犬のお迎えにやってきます。

そして、キャッシュカードの磁気がおかしくなってお金が引き出せなくて用意できなかった。

遠方なので、また来るのは大変なのでインターネットバンキングで振り込むから、子犬を引きとらせてほしい。
そう言われました。

ダメとは言えませんでした。

そして目の前で、携帯電話を操作して振込の手続きをし始めました。

『振込完了しました』という画面を私に差し出して、

『銀行名、口座番号、振込先の名前、金額を確認してください』

と言うことで、確認をしました

『今日は土曜日なので、入金は月曜日になります』

いくら機械に疎い私でも、月曜日まで入金されないのは承知してます。

そして子犬(6ヶ月)を連れて帰って行きました。

月曜日、入金はありませんでした。。

あとで調べてみると、インターネットバンキングは、銀行のしまっている午後3時以降の振り込みは取り消しができるそうです。

うちの場合は車に乗って、その後振り込みの処理を取り消したと思われます。

これまで通じていた電話も全く通じなくなり、『現在使われておりません』というメッセージが流れます。

メールも勿論帰ってきます。

私たちからの連絡は一切取れなくなってしまいました。

警察に届け出をしました。

おそらく電話はプリペイド式とか、不法に他人名義で手に入れたもので、辿って行っても今回の犯人には行きあたらないでしょうとの事でした。

なんだかふと不安だったので、車のナンバーも控えていました。

偽造ナンバー、もしくは、盗難車のおそれもある。。。らしいです。

受け渡しの書類に書いている住所も空き地でした。

車まで送って行った時に、車のクレートにもう一頭犬が入っていました。

あら?もう一頭いるの?と聞くと、私の飼っているシェルティーですと言ってました。

この人はうちに来る前に香川県に寄り道をしています。

2時頃に『どこにいますか?』と聞くと『高松です』と言っていた のに、うちに来たのは7時半でした。

高松からここまではどんなにゆっくり運転しても2時間もかかりません。

この空白の何時間かに、
高松から、ここまでの途中のどこかで、この犬もだまし取ってきたような気がします。

とても残念なことに、私が血統書も、マイクロチップの証明書も渡してしまいました。

JKCにもこの事を説明して、名義変更に応じないように依頼しました。

でも、裏にサインをして、印鑑を押している以上、通常どうり名義変更はするそうです。

金銭トラブルにJKCはタッチしない。。。からだそうです。

、、、、、が、、、、、

これはお金を払った払わないのトラブルではありません。

血統書をお渡しする際、裏面に譲渡し者のサインと押印をするのは当たり前で、それをせずにお渡しすることはできません。

そして、それが詐欺行為であるという事が判明している以上、JKCでは血統書の名義変更が提出された時には、せめて留め置いて、警察に届け出るなどの対処をお願いしたいと思うのです。

今となっては、この騙し取られた子が本当にピレニーズを愛してやまない人の手に渡って幸せに暮らしていけるように願うしかありません。

ごめんね、オラフ。。。

⭐️この車にご用心⭐️

この車が犬を買いに来たら警察にご連絡をおねがいします。

車のナンバーは

名古屋506 そ⚪️⚪️–26
薄い青色?
軽四を大きくしたような形状の角ばった感じの車です。

34〜35歳くらい
中肉中背の女性
髪は肩くらいのボブ風

男性は痩せ気味の背の高い人でした。

写真もありますが警察から出さないでというので控えます。

※追記

早速警察がうごいてくれています。
JKCに連絡をしてくれて、正式な書類を提出するとJKCも動いてくれそうです



         以上





この子だけでなく、同日の2月14日に、香川県のブリーダーさんから、コリー

1月29日に岐阜県のブリーダーさんからセントバーナードが、同じ手口で連れて行かれてるそうです。



これは、お金の問題では有りません!


仔犬の一生涯の運命と生命の危険が心配される大問題です!

当犬舎でも昔は、繁殖はしない!という口約束だけで、血統書をお渡ししていましたが、

チワワの親子を連れた一見ただの犬好きにしか見えない夫婦の、「私たちは犬が好きすぎて、繁殖なんて可哀想なこと逆に出来ません!」という言葉にスッカリ騙され、絶対に繁殖はしない!という口約束だけで、メスの英国ゴールデンを譲ってしまいました。

その後案の定その方は1歳過ぎたばかりの未熟な女の子を繁殖しようとされましたが、私の制止と
兵庫県と京都府では直ぐに情報も入りますので、うちの英国ゴールデンでの繁殖は諦めたようですが、繁殖が出来ないとなるとか?予防接種の混合ワクチンもキチンと打ってもらってなかったようで、レプトスピラに感染し若くして亡くなったようです。

現在は、東北地方のブリーダーさんから、譲り受けたゴールデンで繁殖をされてると噂に聞いていますが、繁殖する犬、しない犬!関係なく全ての犬を最後まで大切にしてあげて欲しいと願いますね。



金儲け目当てで繁殖を始める人も居ますが、本来ブリーダーとは、その犬種を愛して止まない人が自分の人生かけてブリードしているのです!

ブリーダーにとって、犬は仔犬、成犬問わず家族であり掛替えの無い存在なのです!

ブリーダーが、どんな想いで子犬を譲渡しているか!その気持ちが分かる人は、ブリーダーを騙したりはしません!

全ての子犬は、大切な家族である母犬が、命がけで産んでくれた大切な命です!

みんな暖かい家庭に望まれて迎えられ、大切に育てられ、最後の時も大好きな家族に看取られ、幸せな生涯を送ると望み飼い主さんになられる、お客様を信じて、大切な子犬を託すのです!


大切な家族の一員が、お金儲けのために連れて行かれたと分かったら、どれほど心配で、どれほど子犬に申し訳なく、どれほど心を痛めるか!悔やんでも悔やんでも悔やみきれない後悔の日々を送ることになります。


今回の事件と同一犯かどうかは、分かりませんが、当方にもチョット不自然な電話が有りました!
色んな犬種を連れて行ってるようなので、犬種問わず他人ごとでは有りません!

今後、当方でもご本人確認をさせていただきますが、予めご了承お願い致しますm(__)m



今回連れ去られた犬達が、どうか一刻も早く無事保護されることを祈り、このような恐ろしい事件に2度と他の犬達が巻き込まれないように、ブリーダーの皆様!細心の注意を払って子犬をお譲りください。
by butcher-house | 2015-02-26 20:45
<< ブッチャー14歳&ヴィクトリア... バレンタイン❤︎ >>